アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
ステテコ 山城
ブログ紹介
おしゃれステテコ通販 山城の三代目のボンのブログ
zoom RSS

浄水器 - Water Purifier -

2016/08/28 11:23
日本ガイシ 浄水器 カタログハウス Water purifier catalog House 画像

ちょっと前に購入した 浄水器
残留塩素、トリハロメタン、カビ、農薬、金属類は高性能活性炭で除去、古い水道管に残っている鉛も ... イケズで友達に普通の水道水と黙って飲み比べしてもらったら分からはりました。お味噌汁の味が違う気がするの浄水器のせいか? お味噌をかえたせいか?(笑)

Water purifier purchased a little before.
Residual chlorine, trihalomethane, mold, pesticides, metals are removed in the high-performance activated carbon, now know When asked to compared drink silently with ordinary tap water to friends also ... Ikezu lead remaining in the old water pipe He was. Perhaps because that was changed to blame? A miso of water purifier to feel the taste of miso soup is different is?


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最後の限定ショップは熊本 - The last limited shop Kumamoto -

2016/08/27 14:20
画像

山城の今季16年の最後の 限定ショップ は、お馴染みの熊本は鶴屋百貨店でございます! 今回は、福岡の藍染め作家さんとのコラボ商品を御用意。ホタル絞りと呼ばれる、時間差によって生まれる藍の濃淡を出した水玉のフレアシャツでございます。冷やかし結構! 来週の予定は鶴屋百貨店を折り込んでくださいませ。

The last limited shop Yamashiro of this season 16 years, the familiar of Kumamoto. Tsuruya is a department store! This time, will prepare the collaboration products with Fukuoka of indigo dyeing writer. Called diaphragm firefly, flare-shirt polka dot that issued the shade of indigo born by the time difference. Next week of the appointment, not please by folding the Tsuruya department store.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Wonderful Days

2016/08/26 15:54
Wonderful Days Fire ball reggae ワンダフルデイズ ファイアーボール レゲエ 画像

だいぶ古い曲らしいんですが(笑)
ジムで筋肉をしている時に、ふいに襲われた涙腺緩ませ攻撃。そんな曲をサウナ状態の在庫置場で聞きながら、熊本の荷物を作成中。

Although it seems rather old song, when you are training the muscles in the gym, attack to loosen it was attacked unexpectedly lacrimal gland. Such a song, while listening in the stock yard of sauna state, while creating a Kumamoto of luggage.






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


21年目の御褒美 其の参 - 21 year of reward Part 3 -

2016/08/25 13:52
西御座 錦 神輿 祇園祭 ミニチュア West throne Nishiki shrines Gion Festival miniature 画像

其の弐 の続き。

交替をしてもらう前に考えたら分かるんですが ...
外側と中側では担ぐ肩が反対(笑) 分かりますかね?
私が得意としていたのは右肩と呼ばれる神輿の正面から見た左外側。聖域の中は、神輿の左側でも中なので左肩。コレ大誤算(笑)しかも担ぎ方まで聞いてない。
どないすんねん! と思いましたが、そこは21年目に恥じぬよう隣の右肩で担ぐ黒棒さんを見て調整、実行、調整を繰り返しました。

実際の黒棒は想像していた通り、交替要員が皆無ですので、ず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っっと延々々々と担ぎっぱなし。それはそれは幸せな事なのです。しかし寂しいのは、担ぎ方故に、目に入ってくる光景が地面と周りの膝から下のみ(笑) それが延々担いでいる道中で続きます。神輿が止まって差し上げの時には、外側の担ぎ手全員がコッチを見る。外側はドンドン交替していく中、中側は延々差し上げたまま。さいっこう。

いつも差し上げの時に、聖域を陣取る方が、コッチを睨みつけるように「 漢やったら耐えんかいコラ 」の目で見てきよるよなぁと毎年仲間と言うてたんですが、その気持ち分かりました(笑) アレね、睨みつけてるん違ってね、中側から見た時に、横一列に並んでる外側の担ぎ手が見たい! ってのと耐えるのに必死! コレですわ。

中側の人間は、ネコシタと呼ばれる神輿の真下3〜4人と黒棒を担ぐ前後10人程度。しかし外側は横一列にビッシ〜と片側に20人ぐらいが神輿を支えてる。これ中側から見たら圧巻です。それに中側からは、外側にいる次の交替要員も、その次も、その次も手に取るように顔が見える。最終の最終でドンドン担ぎ手が脱落していく中、残っていく漢の顔ぶれ、興奮した魂と相対する事になる。中側は中側で、その状態に触発されながらも外側を目で鼓舞する。そんな状態かな? と。なかなかイヤらしくて最高の場所(笑)

日頃は理屈こねて、ダルダルでウダウダな男達が、この時ばかりは一心不乱に神輿の事だけを考えてる。自分達の身体とか、日頃の悩みとか何も考えない『 無 』がソコにある。神輿を『 えぇ神輿 』にしたい想いだけで。

えぇ神輿て何やねん! と思われるでしょう(笑)
えぇ神輿はえぇ神輿なんです(笑) そんな神輿のある夏も終わってしまいました(笑) 今年も健康体で、無事に御奉仕させて頂けた事に感謝です。其の参まで拝読頂き、ありがとうございました。また来年も無事に迎えれますように。


Continuation of its Vol.2.

Although I understand If you think before you get a replacement ...
Shoulder opposite the shoulder is on the outside and the middle side. Understand? The outer left that I have is to have a good viewed from the front of the portable shrine called the right shoulder. Some of the sanctuary, because it is in the left-hand side also left shoulder. It was this big miscalculation.
Moreover, until the bearers way it has not gotten to lecture.
But I think you do? And, there is the adjustment to see the Kurobo who shoulder in the right shoulder of the next so as not to shame on day 21 years, execution, time of the best sanctuary repeat the adjustment began.

As actual black bar that had imagined, because the replacement personnel is nil, shoulder endlessly. It it's a thing happy. But lonely is, therefore bearers way, sight coming into the eye is only below the knee around the ground. It is followed along the way that are in play endlessly. And at the time of the give and stopped mikoshi is, look inside side outside of the bearers hand everyone. Among outside to continue to alternate one after another, while the medium side give endlessly.

At the time of the give, who take up one's place of sanctuary to come look in the eyes of so staring outside "Han I get Taero!". If I had to say that the fellow every year, but I understand that feeling. That, rather than are staring, when viewed from the medium side, means that desperate! To the outside of the bearers hand that are lined up in a row want! Withstand as I to see.

Of medium-side human beings, just under three to four people and about 10 people before and after shoulder the black bars of the portable shrine called Nekoshita. But outside is about 20 people on one side in a row is supporting a portable shrine. The highlight of the word when you see from this medium side. From the middle side it, the next replacement personnel who are on the outside of, the next also, the following is also visible face to take in hand. While going to one after another bearers hand is falling off in the final of the last, remaining go Han of the lineup, will be the soul and the relative was excitement. In the middle is the middle side side, inspiring the outside in the eyes while being inspired by the state. Such state kana? A. Best place to Rashiku quite unpleasant.

Daily the men untidy that kneading theory, but this time only the single-mindedness to believe that of the portable shrine only. Toka their body, I do not think anything Toka daily worries "no" is there. A portable shrine just thought that you want to "good portable shrine".

You will think what Ya Ninen! And on good portable shrine.
Good portable shrine is'm Yeah shrines. Summer with such shrines also we have done. In also healthy body this year, thanks to the fact that guests safely to your service. We reading! To its participation, thank you. Also as it will celebrate the next year.


記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0


21年目の御褒美 其の弐 - 21 year of reward Part 2 -

2016/08/24 11:41
神輿 ねこした 下 中 黒棒 Black bar in the bottom that was portable shrine cat 画像

其の一の続き。

せっかく頂いたチャンスですから、そこはグイグイと(笑) 玄人中の玄人、常に黒棒を担いでおられる方に、交替の仕方とタイミング等を聞き、その時を待ちました。

その交替のタイミングや方法とは?
なんですが、神輿には『 差し上げ 』と呼ばれる見所があり、担ぎ手全員で神輿を持ち上げた後、全員で神輿をシャンシャンと揺らします。実はこの時がタイミング。

担ぎ手と担ぎ手の少しの間が出来た時、スルっと中に入って交替が約束事だったんだそうです。後は神輿の担ぎ手がぎょうさん居る長柄の間、長柄の後方から人をかきわけて入り込んでくるかのどちらか。後者はほぼ無理でしょう。長い間担いできた神輿ですが、初めてしった衝撃の事実(笑) しかも、そもそも差し上げの際の担ぎ手と担ぎ手の間なんて、ほんまありませんから(笑)

只そうは言うても、この交替方法が正しいかは自信ないです(笑) 来年またしたいですけど、この交替方法を実行する勇気はありません(笑) なんせ最終の拝殿を担ぐ時は、それまでの工程からの疲れで、担ぎ手の全員がヘトヘトのヘトヘト。もうアカン! あとは気持ちだけや!! っちゅう最後ギリギリの所で振り絞って奉納してる。だから今回のこの話も、おそらく黒棒さんが He was considerably tired だったから得た話。言うてはおられませんが

『 ワシも中の皆も、普通は変わらんけど、今日はほんま暑いやろ? アカンねん、バテたわ。せやし言うた通りに入ってきてくれたら替わったる 』やったんですし。

それはさておき、差し上げまでの間、黒棒さんがほんまに言うてはったんか、おちょくって言うただけなんか疑問だったんですが、全員で神輿を差し上げた際、中に陣取る黒棒さんがキョロキョロ見渡しておられた! まぁコレは勝手に私が誘われたから、そう見えたんだと思います(笑) 見渡しておられた黒棒さんが目に入ったのが先か、担ぎ手と担ぎ手の間(ほぼ20cmぐらい)を確認したのが先か、は憶えておりません。気づけば

するぅ〜

っと中に向かって走り込んでいたましたね(笑) この時、私の後ろに順番待ちをしていた担ぎ手や、その周辺の担ぎ手の方、差し上げていた担ぎ手の方に、走り込んでいく私がどんな風に写ったかは知る由もございません。気づけば走っていた、と。感即動です(笑)

しかし走って中に入っていったものの、まだその時点では、聖域を守る方との口約束(笑) ほんまに来たんか?! 嘘やんけ! 出てけや!! と言われ蹴飛ばされてもしゃ〜ない(笑) 内心ドキドキでしたが、さすが聖域の漢。言うたことは守らはりました。「 待ってたで 」とは言うてはりませんが入り込んで肩を叩いて交替の合図。

しかし! 問題はココからだった ...
んですよね。明日に続きます。

yesterday's continuation.

Because it is a chance that we receive much trouble, there is aggressive. Expert in professional, always to those who he is responsible for the black bar, listen to the way of the replacement and the timing and the like, we wait for that time.

The timing and method of the replacement?
But what is, in the portable shrines, there are attractions called give, after lifting the portable shrine in the bearers hand all, you rock the mikoshi at all.
In fact, when this is timing.

It seems to do the replacement was a convention entered into when you are between a little of the hand bearers and bearers hand. After during the Nagara that bearers hand portable shrine is full there, or either come enters wade through the people from the rear of the Nagara. The latter is almost impossible. It is a portable shrine that has been in play for a long time, but it is the fact for the first time know impact. In addition, the first place because it is there 's no between bearers hand and bearers hand at the time of give.

That aside, until the give, what was true it is that Mr. Kurobo said, but I was the one question he said on a whim, when you receive a portable shrine in all, around Kurobo who take up one's place in the without permission overlooks and he was! Well Colle because I was invited, I think I looked so. What's been folded overlooking Kurobo gets into your eyes is ahead, what was confirmed between the hand bearers and bearers hand (about nearly 20cm) is ahead, we do not remember. if you notice

I had and ran toward the inside Innovation. At this time, the bearers hands and who was waiting behind me, towards the bearers hand around it, towards the hand bearers had been give, I go in and ran is not there is also reason to know were either reflected in the kind of wind. But I noticed it was running, and. Feeling is immediately dynamic.

But despite ran I walked in and, still verbal agreement with those who take up one's place the sanctuary at that time. Did you really come?! Is! Not be helped even if kicked is said to go !! out lie. It was pounding mind, indeed sanctuary of Han. That say was Hari protected. I do not know Taka referred to in the knotweed and eyes waiting, but the alternation sign of comma 02 seconds. We received a replacement from give this was our professor.

But! The problem is I was from here.
It will continue tomorrow.

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0


21年目の御褒美 其の一 - 21 year of reward Part 1 -

2016/08/23 11:55
西御座 神輿 錦 祇園祭 nishigoza West throne mikoshi Nishiki Gion Festival 画像

今年も祇園祭が終わり、京都に夏が訪れました。
昨年は大雨に見舞われた神輿渡御でしたが、今年は過ごしやすい天気となりました。参加された皆様、本当にお疲れさまでした。

さてさて、神輿渡御に参加させて頂く機会を得て、21年目の夏を迎えた39歳の今年、突然頂いた幸運がありました。還幸祭の最終も最終、神輿を八坂神社にお納めさせて頂く間際、南楼門の中村楼さん前で休憩した時の事。『 黒棒 』と呼ばれる所を担いでおられる方との、何気ない会話の流れと疲れ(笑) が相まって得たのです。

いつも担がせて頂いている場所は、神輿の外側ですのでギャラリーからも見え、交替要員もたくさんいるのですが、この黒棒は、神輿の中側に位置するので交代制が存在しません。っというより聖域(笑) 玄人中の玄人で、選ばれし者しか入れない空気感の場所(笑) それに外側の人間は、交替する際のノウハウを伝聞で持っていますが、聖域が持つ特殊さ故に、どうやって入るのか? だれが入るのか? どうやって担ぐのか? などの情報が皆無。そんな聖域を担いでおられる方からの

「 良かったら替わったろか? 」

この一言で普段なら絶対に入れない黒棒を担ぐ機会を得、21年目にして初めての聖域渡御が始まったのです。明日に続く。

Also end the Gion Festival this year, summer came to Kyoto.
It was carrying of miniature shrines, which was hit by heavy rain last year, it became the pleasant weather of the carrying of miniature shrines this year. Participation has been everybody, was really cheers for good work.

Well, to give the opportunity to allow me to participate in the carrying of miniature shrines, this year of the 39-year-old reached the summer of 21 years, there was a lucky who got suddenly. Tourist festival of the final is also the last, just before I am allowed to accept it the portable shrine to Yasaka Shrine, that at the time of the break in the previous Nakamura Tower's south tower gate. With those who he is responsible for the place called "black bars", it flows and tired of casual conversation got together.

The place where I am always to tumor-bearing, also visible from the gallery because it is outside of the shrine, replacement personnel also I have a lot, this black bar does not exist shifts because the position in the middle side of the shrine. Ttoiu a more sanctuary (laughs) expert in the professional, chosen to only put not the location of the sense of air (laughs) And outside of the human person, but we have in hearsay know-how at the time of replacement, special with the sanctuary is therefore, how do you enter or? Who will go? You do not know how to shoulder? information, such as is nil. From those who he is responsible for such a sanctuary

"Do Kawaro when it is good?"

I did had the opportunity to shoulder the black bars that do not put absolutely, if usually in this word. Although good just shot was, it froze better of black bars around, for, not to mention all were eyes like weigh me has been poured. What did come true to your glasses also hear an alternate way without being blamed, it is my sanctuary shrines began.


記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0


地蔵盆 - Jizo Bon -

2016/08/22 11:58
京都 地蔵盆 寺 数珠まわし Kyoto Jizo Bon temple Turn rosary 画像

数十年ぶりに朝倉町内の地蔵盆に娘を連れて。
ほんま久しぶりに数珠まわしもしたんですが、こういう文化、いつまで残していきたいですね。

For the first time in decades with her daughter to the town of Jizo Bon. After a long time, but I was also rosary once, I like this culture, I want to leave forever.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Chinese in SIGMA ZOOM

2016/08/21 11:35
sigma zoom renz f3.5 18 250mm 画像

SIGMAのズームレンズもいっちょ、麻婆茄子。

Hemp Auntie eggplant in the sigma of the zoom lens.

京都 中華 森幸 Kyoto Chinese Morikou 画像

青椒肉絲も。単焦点とはまた違った画に仕上げる事が出来ますね。初めてのズームレンズですがハマりそうです。しかし食べ物を撮る時は、黒ぽいものはダメですね(笑) 美味しそうに見えない ... いや! 腕が悪いだけかw

Pepper steak as well. It will be able to finish in also different picture than the single focus. But it is the first of the zoom lens is fun.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SIGMA ZOOM

2016/08/20 10:04
シグマ ズーム レンズ Sigma zoom lens 画像

昨日の夜は楽しみで眠れず(笑) 早速通勤で SIGMA 18〜250mm f3.5 を使ってみる。ふむふむ ... なるほど。ズームはこう使う訳ね。

Not sleep in the fun yesterday night. Try the SIGMA 18~250mm f3.5 in immediately commute. Fumufumu ... I see. It means to use this zoom.

18 250mm f3.5 nikon mount マウント 画像

ただどうしてもズームを届かそうとすると好きな絞りが ... 後は手ブレ(笑) 目一杯ズームを届かそうとすると手ブレの心配が。みんなどうしてんのかな?

Just so that when the favorite stop is ... after the shake reach the absolutely zoom. Worry about so that when the camera shake reach the eyes full zoom. How to have everybody?

望遠 使いやすい 持ち歩き 旅行 Telephoto easy-to-use carry travel 画像

ISO上げてんのかな? 三脚は邪魔臭いしなぁ(笑) やっぱ単焦点慣れしすぎてるので練習が必要ですが、そもそも単焦点レンズとの画風が全然違うので楽しみが増えました♪

Takes practice because too familiar to you? Just a single focus raise ISO. But fun has increased.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


SIGMA 18〜250mm f3.5

2016/08/19 13:35
SIGMA 18 250mm f3.5 画像

初めてのズームレンズはSIGMAの f3.5 の250mmまで。単焦点慣れしすぎているので、ズームに慣れるのに時間かかりそうですが ... 被写体にバチバチ届きそうなので、明日早速通勤で使ってみようと思いまふ。

For the first time of the zoom lens to 250mm. Since the familiar single-focus, because it is likely to reach time-consuming likely ... but really to get used to zoom, I will try using in immediately commute tomorrow.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


山城の軌跡本 - Yamashiro trajectory book -

2016/08/18 09:59
ファッション トレンド 本 Fashion trends book 画像

山城が関知しない所で、山城を御紹介頂いておったようです(笑) えぇんかいな。しかもネタはかなり古く、刊行時期も含めると2005〜2006年といった所の内容。

Where Yamashiro is not concerned, it seems to have gotten introduce Yamashiro. And story is quite old, the contents of the place, such as 2005-2006 and also include the time publication.

京都 山城 掲載 記事 Kyoto Yamashiro Articles 画像

当時、繊維系の専門紙に御掲載頂く事が多く、取材頂いた内容を再校正して出版された本かと思われます。そうですか ... あれから約10年経ちましたか。皆様の御陰でこうして、未だしぶとく御商売させて頂いております。ありがとうございます。

At that time, many things that get published in an academic paper of fiber-based, it seems whether the book was published and re-calibrate the contents who interviewed. Is that so ... or have passed about 10 years since then. And this was thanks to everyone, it has been yet persistently your business. Thank you very much.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイムマシン - Time Machine -

2016/08/17 09:07
mac ハードディスク データ 壊れる 復元 タイムマシン hard disk data corruption restoration time machine 画像

外付けHDDへのバックアップてほんま大事。また1台旅立たれましたが、日頃の成果が花ひらいた(笑) しかしバックアップもそうやし盆中のクラッシュで助かりました。

Really important on backup to an external HDD. Although one PC I have been Tabidata, daily achievements now, blossomed. Mon Tchuu conduct of people, when, I do not know the answer comes out. For staff who had came to my house in the inevitably my original.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


権太呂 - Gontaro -

2016/08/16 10:08
京都 うどん 老舗 美味しい ごんたろ 権太呂 Kyoto Udon established delicious gontaro 画像

権太呂さんで刻みきつね。

Udon in Gontaro.

きつね 刻み きざみ 天ぷら 丼 天丼 天どん Increments fox tempura bowl tendon 画像

天とじ丼も。きつねうどんのおあげさん変えはったかな?
しかしやっぱ+卵黄のせの親子丼が1番好っきゃな。

Heaven Flip the bowl. Oage have changed? After all parent-child bowl is No. 1 love of riding plus egg yolk.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


日本海 - Sea of Japan -

2016/08/15 11:02
日本海 八丁浜 サーフィン 波 Sea of Japan Hatcho beach surfing wave 画像

この日は少し早めの盆休みを頂いて、娘を連れて辛い辛いチャイチャイまで。サーファーの友人に聞いた場所だったので、超綺麗な浜と海だったんですが海の家がなく(笑) まぁあるのはあるんですが納得の家ではなく。

This day is a little early holiday. To the Sea of Japan with her daughter. Because it was where I heard a friend of the surfer, it was a very beautiful beach and the sea, but there is no house of the sea.

魚 貝 平井活魚 鮮魚 市場 Fish shellfish Hirai live fish fresh fish market 画像

帰りに教えてもらった 平井活魚 さんで魚介類を生と七輪で。昔に比べたら縦貫道が通ったので早い日本海。ドタバタ帰って久しぶりの食事会。タフさを売りにしている自分ですが、さっすがに疲れた1日でした(笑)

Seafood in Hirai live fish that was taught on the way home in the raw and charcoal stove. Early the Sea of Japan since running through road has passed When compared to the old days. After a long time of a dinner party back slapstick. You yourself have to sell tough, but tired indeed.


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


GMOポイント始めました! - It began GMO points! -

2016/08/14 11:15
GMO ポイント カラメル モール 買物 point caramel Mall shopping 画像

8月より、GMOグループで貯めておられるポイントを山城でも御使用頂けるようになりました。また山城の独自ポイントとは別に、山城でのお買物額に応じてGMOポイントも貯まるように!! ぜひぜひ皆様、ユーザー登録を頂き御活用くださいませ。

From August, the point that he has pooled in the GMO group, now so that it could be used even at Yamashiro. Apart also has its own point of Yamashiro, in response to the shopping amount in Yamashiro, GMO point also earn !! please everyone, received a registered user, please take advantage of.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


強撚 綿生地再入荷 - Cotton fabric stock twisted strength -

2016/08/13 10:05
強撚 綿 生地 縮み 縮む シボ 楊柳 京都 Twisting strength cotton fabric shrinkage shrink grain Crepe Kyoto 画像

長らく欠品してしまっていた 京ちぢみの生地 の計り売り。お待たせいたしました! 現在再入荷中でござます。白の他に黒も御用意いたしております。まだまだ暑い夏は続きます。今夏、ご家庭でのホームソーイング、御自身の手で素敵な服にお仕立てくださいませ。

Long lack of 100% of the cotton had gotten Crepe fabric, marvel of strength twisted stretch, of Kyo shrinkage of fabric Hakariuri. Thank you for waiting! I am currently in stock. Still hot summer continues. This summer, home sewing at home, not please tailoring you in nice clothes at the hands of your own.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


楊柳生地通販 - Crepe fabric shop -

2016/08/12 16:01
楊柳 生地 クレープ ちぢみ 縮み 通販 京都 着物 Crepe fabric wrinkle shrinkage mail order Kyoto Kimono 画像

楊柳クレープ生地の中でも驚異のストレッチを実現している山城の京ちぢみに、紺鉄色の計り売りが新登場です! ご家庭でもホームソーイングで、山城にない商品を御自身で作成可能な計り売り。今回のロットが売切れたら次回は分かりません。御用命はお早い目が宜しいかと。

Today shrinkage of the fortress that has achieved wonders stretch Among Crepe crepe fabrics, new appeared Hakariuri fabric navy blue iron color! In the home of home sewing, which can create a product is not in the fortress by yourself Hakariuri. I do not know the next arrival Once this lot is sold out. Ordering think faster is better.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


go baaan 143号 - Kyoto tourism free paper -

2016/08/11 10:43
go baaan 143号 京都 無料 観光 情報紙 フリーペーパー ごばーん ゴバーン Kyoto Free tourist information magazine free paper Goban 画像

今月の gobaaan はお肉の特集号♪
牛豚鳥猪羊鴨までも網羅網羅で充実の内容。
京都に入洛された際の手引きになるだけじゃなく、地元民でもココまで把握している人は少ないはず。毎度の事ながら凄いですね。WEBやカタログでの御注文、店舗で御買い上げの御客様にも昨日分から同梱中でございます。

This month's gobaaan is ♪ Special Issue of meat The contents also enhance an exhaustive coverage to Ushibutatoriinoshishi Hitsujikamo.Not only become guidance when it is Nyuraku to Kyoto, should be less people to know up here in locals. It is amazing while every time things. Your order at the WEB and catalogs, to your customers of your purchase at the store there being bundled know yesterday.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


とうひち - Ramen Tohichi -

2016/08/10 12:26
ラーメン 京都 北区 とうひち 醤油 Ramen Kyoto Kita-ku Tohichi soy sauce 画像

やっぱりとうひちはしょうゆやで。

Tohichi of ramen is a good soy sauce.


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


いまを大切に - Now cherish -

2016/08/09 18:16


イチローだから出来る訳じゃない。
イチローだって、最初から出来た超人類なんかじゃない。だから私達にも、そのチャンスはある。あとはヤルかヤラナイカ。自分の歩幅で。何でも良い。何かを今日、一歩前に。
そうは言うても、その方向が自分ではなく他人に向いてるとか、、、もはや神。でもそうでありたいと願うなら、ますば自分を満たす事から。

Does not mean you can because Ichiro.
Even Ichiro, croton in place of the can can not be. So we also, that, chances are there. After that's whether or not to act. It may be in their stride. Something one step before. Trying to find the reason why you can not 's why you can not


記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


続きを見る

トップへ

月別リンク



京都 山城 Facebook


ステテコ 通販 山城

ステテコ 山城/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる